読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hollywood Express #707◆2017.01.21(土)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆『ラ・ラ・ランド』 La La Land (2016) がBAFTA=英国アカデミー賞で最多ノミネートを受けた話題。次に多いのが『メッセージ』 Arrival (2016) 、 Nocturnal Animals (2016) 。
◆『デッドプール』 Deadpool (2016) が意外と賞レースに強い話題。脚本関係の評価が高いらしい。
◆『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』 Rogue One: A Star Wars Story (2016) の興行がいいので2016年のディズニーが儲かってる話題。
◆『スターウォーズ/フォースの覚醒』 Star Wars: Episode VII - The Force Awakens (2015) から急死したキャリー・フィシャーのレイア姫の扱いをどうする?という話題。CGキャラにすればルックスも演技力もよくなるからいうことないと思えますがスタジオ側はCGではやらないと宣言しています。
◆『ラ・ラ・ランド』 La La Land (2016) からライアン・レイノルズがあるインタビューでデビー・レイノルズが出ていた『雨に唄えば』Singin' in the Rain (1952) の影響を受けたと話してた話題。
◆『エイリアン: コヴェナント』 Alien: Covenant (2017) からヴァーチャルリアリティ版を開発してる話題。
◆元は舞台の『クルーエル・インテンションズ』Cruel Intentions (1999)がミュージカルの舞台になる話題。映画版は1999年版だけではなく様々な作品があります。ジェラール・フィリップ主演の『危険な関係Les liaisons dangereuses (1959) は見たい。

◆red carpet
ヴィオラ・デイヴィスのウォークオブフェイム入りセレモニーの風景。メリル・ストリープのお祝いのスピーチがあります。それからヴィオラ・デイヴィスのお礼のスピーチ。ヴィオラ・デイヴィスぐらいでも今頃入ってるのかと思える。

◆inside look
◆『夜に生きる』 Live by Night (2016) のメイキング。ベン・アフレッククリス・メッシーナのインタビューがあります。他は1人ずつで、エル・ファニングクリス・クーパーゾーイ・サルダナのインタビューがあります。1920年代と昼間のシーンのせいかフィルム・ノワールといった感じはあまりしない。
◆ Patriots Day (2016) のメイキング。マーク・ウォールバーグのインタビューがあります。実際の被害者であるジェシカ・ケンスキーさんとパトリック・ダウンズさんのインタビューもあります。

◆Hollywood gossip
NBAメンフィス・グリズリーズの共同オーナーでもあるジャスティン・ティンバーレイクがバスケットボールのロングシュートを決めてる映像が公開された話題。まぐれではないと2回やってます。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆ The Founder (2016) ジョン・リー・ハンコック監督、マイケル・キートン、ニック・オファーマン主演のドラマ。ハンバーグチェーンのマクドナルドが発展する話しのようです。で、マクドナルドのハンバーグが普通の肉ではないことは証明されてるそうです。肉のような存在らしい。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Split (2016) M・ナイト・シャマラン監督、ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ主演の多重人格誘拐サスペンスドラマ。多重人格者に誘拐されて色々とある話しのようです。人格だけではなく体格やルックスも変えられるようです。何でもありでもホトンドSFと化してます。他の女優さんはジェシカ・スラとヘイリー・ルー・リチャードソン。私のゴーストですが出来はよいと囁いてます。
◆『トリプルX: 再起動』 xXx: Return of Xander Cage (2017) D・J・カルーソー監督、ヴィン・ディーゼルドニー・イェン主演の『トリプルエックス』シリーズ最新作。女優さんはトニ・コレット、ニーナ・ドブレフ、ディーピカー・パードゥコーン、ルビー・ローズ、ハーミオーネ・コーフィールドと何故か大勢出ています。話しの方はよくわからん。私のゴーストですが出来はまあまあだと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければそれにこしたことはないが、実際はそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『パッセンジャー』 Passengers (2016) モートン・ティルダム監督、クリス・プラットジェニファー・ローレンス主演のSFドラマ。冷凍睡眠の移民宇宙船で色々とある話しのようです。興行収益totalは8970万ドル。まだtop10に残ってました。
◆9位が『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』 Underworld: Blood Wars (2016) アンナ・フォースター監督、ケイト・ベッキンセイル、テオ・ジェームズ主演の『アンダーワールド』シリーズの最新作。話しの方はいつもと同じだと思います。興行収益totalは2430万ドル。大きくランクを落としてます。それでもまだtop10に残ってました。
◆8位が Sleepless (2017) バラン・ボー・オダー監督、ジェイミー・フォックスミシェル・モナハン主演のフランス映画『スリープレス・ナイト』 Nuit blanche (2011)のリメイク・サスペンス。子供を人質にとられた刑事が悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは830万ドル。イマイチな興行のようです。
◆7位が Monster Trucks (2016) クリス・ウェッジ監督、ルーカス・ティル、ジェーン・レヴィ主演のファンタスティック・コメディ。トラックに取り憑いた謎の生物と色々とある話しのようです。興行収益totalは1090万ドル。よくtop10に入ったと思える。出来は悪くはないようです。
◆6位が Patriots Day (2016) ピーター・バーグ監督、マーク・ウォールバーグジョン・グッドマン主演のボストンマラソンテロ・ドラマ。現実のニュースと同じ話しのようです。興行収益totalは1250万ドル。今週のハイライトでケビン・ベーコンが出てます。
◆5位が『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』 Rogue One: A Star Wars Story (2016) ギャレス・エドワーズ監督、フェリシティ・ジョーンズディエゴ・ルナ主演の『スターウォーズ』シリーズのスピンオフ作品。エピソード4直前の設定。寄せ集め部隊がデススターの設計図を盗みに行く話しのようです。興行収益totalは4億9850万ドル。大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
◆4位が The Bye Bye Man (2017) ステイシー・タイトル 監督、ダグラス・スミス、クレシダ・ボナス主演のホラー。その名前を出してはいけないのに出してホラーする話しのようで『キャンディマン』 Candyman (1992) のバリエーションです。女優さんはキャリー=アン・モスも出ています。興行収益totalは1350万ドル。
◆3位が『Sing/シング』 Sing (2016) ガース・ジェニングス監督、マシュー・マコノヒーリース・ウィザースプーンVCの3D CGミュージカルアニメ。話しの方はよくわからん。Illumination Entertainment /Universal Pictures製作配給。興行収益totalは2億3340万ドル。大ヒットしてます。
◆2位が『ラ・ラ・ランド』 La La Land (2016) デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリングエマ・ストーン主演のミュージカル。そうなると話しはボーイミーツガールです。興行収益totalは7410万ドル。ゴールデングローブ賞受賞効果でランクがアップしてます。
◆1位が Hidden Figures (2016) セオドア・メルフィ監督、タラジ・P・ヘンソン、オクタビア・スペンサー主演のNASAに貢献した黒人女性達のドラマ。他の女優さんはジャネール・モネイ。黒人女性3人がNASAで数学関係の仕事をする話しのようです。興行収益totalは5520万ドル。これはビックリの連続1位になってます。

◆ending
◆ music from “ La La Land (2016) ”

 

 

 

 

 

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)