読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hollywood Express #697◆2016.11.05(土)

Hollywood Express

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆ Guardians of the Galaxy Vol. 2 (2017) の最新映像が公開された話題。アメリカで2017年5月公開予定。果たして出来は?
ヒュー・ジャックマンがウルバリンを演じる最後の作品。『ローガン』 Logan (2017) の話題。アメリカで2017年3月公開予定。
◆ Rules Don't Apply (2016) で15人もプロデューサーがいるのにクレームが付いた話題。カネのみの人は executive producer にしろということらしい。
◆架空のヘビメタバンドの映画『スパイラル・タップ』 This Is Spinal Tap (1984)から製作脚本作曲出演のハリー・シアラーが著作権の支払いがないとスタジオ2社に対して訴訟沙汰になってる話題。色々とあるようです。
◆ La La Land (2016) がAFI映画祭で上映される話題。アメリカでは2016年12月に限定公開とアカデミー賞狙いになってるようです。
ソニー・ピクチャーズが『ソーセージ・パーティ』 Sausage Party (2016) をアカデミー長編アニメ映画賞に押すと決定した話題。果たしてどうなる?。
アイス・キューブが『オリバー・ツイスト』のミュージカル映画に出る話題。アイス・キューブはラッパーなので歌は難なくこなすわけです。
◆『エンド・オブ・キングダム』 London Has Fallen (2016) からシリーズ3作目 Angel Has Fallen (2018) の話題。ジェラルド・バトラーがテロリストから追われる話しになるそうです。

◆red carpet
◆ドクター・ストレンジ』 Doctor Strange (2016) のハリウッドプレミアの風景。ティルダ・スウィントンベネディクト・カンバーバッチのインタビューがあります。香港から始まって世界中を宣伝ツアー中だそうです。

◆inside look
◆『インフェルノ』 Inferno (2016) のメイキング。ロン・ハワード監督、フェリシティ・ジョーンズのインタビューがあります。ロン・ハワード監督とトム・ハンクスは5作目になるそうです。よく続くなと感心する。
◆ American Pastoral (2016) のメイキング。監督主演のユアン・マクレガーのインタビューがあります。家庭崩壊の人間ドラマのようです。ダコタ・ファニングジェニファー・コネリーのインタビューもあります。
ダコタ・ファニングは妹のエル・ファニングにキャリア的には追い越されてる感じ。
ジェニファー・コネリーの旦那はポール・ベタニー。いい旦那をゲットしたもんです。

◆Hollywood gossip
ベット・ミドラーのハロウィンコスチュームは『ホーカス ポーカス』 Hocus Pocus (1993) でおなじみのの魔女のコスチュームでしたという話題。そのままでも魔女みたいだけど。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆ Hacksaw Ridge (2016) メル・ギブソン監督出演、アンドリュー・ガーフィールド、ビンス・ボーン主演の戦争映画。アメリカ衛生兵が沖縄戦で色々とある話しのようです。旧日本軍がやたら優秀な感じかゾンビみたいになってるかも。女優さんはテリーサ・パーマー。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『ドクター・ストレンジ』 Doctor Strange (2016) スコット・デリクソン監督、、ベネディクト・カンバーバッチキウェテル・イジョフォー主演のマーベルのアメコミアクション。女優さんはティルダ・スウィントン、レイチェル・マクアダムズ。傲慢な医者が改心して色々とある話しらしい。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Trolls (2016) ウォルト・ドーン、マイク・ミッチェル監督、アナ・ケンドリックジャスティン・ティンバーレイク主演の3D CGアニメ。トロール達が旅に出て色々とある話しらしい。よくわからん。DreamWorks Animation/20th Century Fox製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆CMから『ミュージアム』(2016年) はワーナーがカネを出してるからクルマのクラッシュシーンがあるんだ。ケチな日本映画ではめったに見ないシーンなので気になった。私のゴーストは全く見る気がないと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければそれにこしたことはないが、実際はそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Ae Dil Hai Mushkil (2016) カラン・ジョーハル監督、アイシャワリヤー・ラーイ、ランビール・カプール主演のインド映画。歌と踊りとボーイミーツガールのいつものインド映画です。これでいいんだけど。興行収益totalは210万ドル。
◆9位が『コウノトリ大作戦!』 Storks (2016) ニコラス・ストーラー、ダグ・スウィートランド監督、アンディ・サムバーグ、ケルシー・グラマーVCの3D CGアニメ。コウノトリ業界が赤ちゃん配達から普通の宅配サービスに転業して色々とある話しのようです。Stoller Global Solutions/Warner Animation Group/Warner Bros. Animation製作配給。興行収益totalは6830万ドル。
◆8位が Keeping Up with the Joneses (2016) グレッグ・モットーラ監督、ザック・ガリフィアナキスが、ジョン・ハム主演のコメディ。女優さんはアイラ・フィッシャー、ガル・ガドット。隣りにスパイが越してきて色々とある話しのようです。興行収益totalは1070万ドル。
◆7位が『ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち』 Miss Peregrine's Home for Peculiar Children (2016) ティム・バートン監督、エヴァ・グリーンエイサ・バターフィールド主演のファンタスティック・コメディ。謎の孤児院で色々とある話しらしい。他の女優さんはエラ・パーネル。興行収益totalは7990万ドル。毎週ハイライトシーンを見て思うのは説明シーンなのはわかるけど説明セリフが多過ぎだとなります。
◆6位が『ガール・オン・ザ・トレイン』 The Girl on the Train (2016) テイト・テイラー監督、エミリー・ブラント、ヘイリー・ベネット主演のサスペンスドラマ。他の女優さんはレベッカ・ファーガソンと豪華です。アル中で離婚した主人公が殺人を目撃して色々とある話しらしい。男優の方の配置がよくわからん。ジャスティン・セローとルーク・エバンスが出ています。興行収益totalは6600万ドル。
◆5位が Ouija: Origin of Evil (2016) マイク・フラナガン監督、エリザベス・リーサー、アナリス・バッソ主演のシリーズ続編。霊媒師母子3人がウィジャボードで悪戦苦闘してホラーする話しのようです。前作と同じだ。興行収益totalは2460万ドル。
◆4位が『ザ・コンサルタント』 The Accountant (2016) ギャヴィン・オコナー監督、ベン・アフレックアナ・ケンドリック主演のサスペンスアクション。裏仕事専門の会計士に色々とある話しらしい。他の女優さんはシンシア・アダイ=ロビンソン。興行収益totalは6120万ドル。
◆3位が『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』 Jack Reacher: Never Go Back (2016) エドワード・ズウィック監督、トム・クルーズコビー・スマルダーズ主演の『ジャック・リーチャー』シリーズの続編。相棒の女性を脱獄させて色々とある話しのようです。他の女優さんはダニカ・ヤロシュ。興行収益totalは3970万ドル。ダイナーに座ってるトム・クルーズが有名な絵の構図そのままでパロディになってるらしい。→エドワード・ホッパー(Edward Hopper)の『ナイトホークス』(Nighthawks) (1942年)
◆2位が『インフェルノ』 Inferno (2016) ロン・ハワード監督、トム・ハンクスフェリシティ・ジョーンズ主演の『ラングドン教授』シリーズの最新作。泥棒にされたラングドン教授が謎解きする話しらしい。興行収益totalは1480万ドル。これは惨敗な興行、こまったものです。
◆1位が Boo! A Madea Halloween (2016) タイラー・ペリー製作脚本監督主演、キャシー・デイヴィス主演のタイラー・ペリーの女装コメディ・シリーズ最新作。ハロウィンで色々とある話しのようです。興行収益totalは5250万ドル。これはビックリのまだ1位です。アメリカだけでは受ける作品は強い。

◆ending
◆ Jutin Timberlake's “ Can't Stop the Feeling ” from “ Trolls (2016) ”

 

【江戸川乱歩作品集・101作品・原作図表29枚つき】

【江戸川乱歩作品集・101作品・原作図表29枚つき】

 

 

 

消えたメイドと空家の死体 〈家政婦は名探偵〉 (創元推理文庫)

消えたメイドと空家の死体 〈家政婦は名探偵〉 (創元推理文庫)