読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hollywood Express #671◆2016.05.07(土)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
エミリー・ブラント主演の The Girl on the Train (2016) の話題。サイコ・スリラーだそうです。ヘイリー・ベネット、レベッカファーガソンと女優さんは豪華です。10月公開。原題 Strangers on a Train が似ている

eigaface.cocolog-nifty.com

見知らぬ乗客』(1951年)とは全く関係がないようです。『見知らぬ乗客』(1951年)はかなりゲイが入ってる傑作です。
ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 Fantastic Beasts and Where to Find Them (2016) の話題。映画と同時に原作本も出版するとのこと。映画より原作者J.K.ローリングの商売上手の方が興味深い。
◆『レヴェナント: 蘇えりし者』 The Revenant (2015) から Location Managers Guild International が主催するロケを評価するロケーション・マネージャー賞の話題。長編映画の時代劇部門が『レヴェナント: 蘇えりし者』 The Revenant (2015) で、『ボーダーライン』 Sicario (2015) は長編映画の現代映画部門に選ばれたそうです。
ドウェイン・ジョンソンの新作の話題。Baywatch (2017) から、 Rampage 、『ジュマンジ』Jumanji (1995) のリメイク Jumanji (2017) 、ケビン・ハートと共演のコメディ Central Intelligence (2016) とか色々とあるそうです。
◆『ジャングル・ブック』 The Jungle Book (2016) からディズニーの新作の話題。この作品の続編、アンジェリーナ・ジョリーが出る気になった『マレフィセント』 Maleficent (2014) も続編、エマ・ストーン主演の『101』 101 Dalmatians (1996) のスピンオフの Cruella 。そんな感じで続編ばかりですが色々とあるそうです。
カンヌ映画祭の話題。審査員にはドナルド・サザーランドキルステン・ダンスト、ネメシュ・ラースロー監督、審査委員長はジョージ・ミラー監督。

◆red carpet
フランシス・フォード・コッポラ監督がチャイニーズシアターに手形と足型を残すセレモニーの話題。まだ入ってなかったのか?。コッポラ監督も隋分と雰囲気が変わって誰かと思った。一瞬津川雅彦かと思ってしまいました。インタビューがあります。
◆それよりジョディ・フォスターがようやくハリウッドウォークオブフェームに入った方がビックリした。お祝いのスピーチにクリステン・スチュワートが来てたりする。レズ仲間かと思ったら

http://eigaface.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/post_6949.html

パニック・ルーム』(2002年)</a></u>で親子役で共演してるんです。

◆inside look
◆ Mother's Day (2016) のメイキング。ゲイリー・マーシャル監督のインタビューがあります。ヘクター・エリゾンド、ブリット・ロバートソンの2人で、他にシェイ・ミッチェルのインタビューがあります。
◆ Ratchet & Clank (2016) のメイキング。VCジェームズ・アーノルド・テイラーのインタビューがあります。ベラ・ソーンもVCで出ていてインタビューもあります。

◆Hollywood gossip
Twitter等で人気のアナ・ケンドリックが自伝を出版した話題。

◆new releases
◆『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 Captain America: Civil War (2016) アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニーJr.主演のマーベルのアメコミアクション最新作。話しの方はいつものアメコミアクションのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ A Bigger Splash (2015) ルカ・グァダニーノ監督、レイフ・ファインズ、ダコタ・ジョンソン主演のドラマ。『太陽が知っている』La piscine (1969) のリメイクだそうです。ロックスターが休暇で色々とある話らしい。ティルダ・スウィントンが共演というかロックスター役の主演です。マティアス・スーナールツ共演。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆10位が Criminal (2016) アリエル・ヴロメン監督、ケビン・コスナーゲイリー・オールドマン主演のサスペンスアクション。CIAが犯罪者に記憶を植え付けて色々とある話しらしい。女優さんはガル・ガドット。トミー・リー・ジョーンズ共演。興行収益totalは1340万ドル。
◆9位が『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』 Batman v Superman: Dawn of Justice (2016) ザック・スナイダー監督、ベン・アフレックヘンリー・カヴィル主演のDCコミック原作のアメコミアクションの最新作。女優さんはガル・ガドット、エイミー・アダムズ。興行収益totalは3億2510万ドル。批評は悪いけど興行はいい。スタジオ側には興行いいのがが何より。
◆8位が The Boss (2016) ベン・ファルコーン監督、メリッサ・マッカーシークリステン・ベル主演のコメディ。成金が落ちぶれて色々と金策する話しらしい。興行収益totalは5610万ドル。
◆7位が Ratchet & Clank (2016) ケヴィン・マンロー、ジェリカ・クリーランド監督、ジェームズ・アーノルド・テイラー、デビッド・ケイVCの3D CGアニメ。ゲームの映画化でスペースオペラな話しのようです。Gramercy Pictures 製作配給。興行収益totalは480万ドル。これは低調な興行のようです。
◆6位が『ズートピア』 Zootopia (2016) バイロン・ハワード、リッチ・ムーア監督、ジニファー・グッドウィン、ジェイソン・ベイトマンVCの3D CGアニメ。ウサギの新米警官がキツネの詐欺師と組んで色々とある話しらしい。Walt Disney Animation Studios/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。興行収益totalは3億2380万ドル。VCのジニファー・グッドウィン本人もウサギちゃんな感じだったりします。
◆5位が Barbershop: The Next Cut (2016) マルコム・D・リー監督、アイス・キューブ、レジーナ・ホール主演の床屋コメディシリーズ第3作。床屋で色々と口論する話しらしい。興行収益totalは4460万ドル。
◆4位が Mother's Day (2016) ゲイリー・マーシャル監督、ジェニファー・アニストンケイト・ハドソン主演のコメディ。ジュリア・ロバーツ共演。相手役はジェイソン・サダイキスティモシー・オリファント。話しの方はよくわからん。興行収益totalは830万ドル。低調な感じの興行です。
◆3位が Keanu (2016) ピーター・アテンシオ監督、キーガン=マイケル・キー、ジョーダン・ピール主演のアクションコメディ。キアヌという猫を探して色々とある話しのようです。何故猫の名前がキアヌ?と誰もが思う。猫のVCは本物のキアヌ・リーブスらしい。興行収益totalは940万ドル。
◆2位が『スノーホワイト/氷の王国』 The Huntsman Winter's War (2016) セドリック・ニコラス=トロイアン監督、クリス・ヘムズワースシャーリーズ・セロン主演の『スノーホワイト』シリーズの続編。他の女優さんがエミリー・ブラントジェシカ・チャステインと異常に豪華。興行収益totalは3420万ドル。そこそこにヒットしています。スタジオが側は不満だろうけど。
◆1位が『ジャングル・ブック』 The Jungle Book (2016) ジョン・ファヴロー監督、子役のニール・セティ主演、ビル・マーレイ他VCのジャングル物アクションドラマ。(1968年)のアニメを実写とCG 3Dアニメでリメイクした作品。話しの方はよくわからん。興行収益totalは2億5330万ドル。大ヒットになってます。

◆ending
Cee-Lo Green's “ Working Class Heroes (Work) ” from “ Barbershop: The Next Cut (2016) ”

 

【江戸川乱歩作品集・92作品・原作図表29枚つき】

【江戸川乱歩作品集・92作品・原作図表29枚つき】

 

 

 

一九八四年 ハヤカワepi文庫

一九八四年 ハヤカワepi文庫