読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hollywood Express #653 拡大版スペシャル◆2015.12.26(土)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆new releases
◆『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』 Batman v Superman: Dawn of Justice (2016) ザック・スナイダー監督、ヘンリー・カヴィルベン・アフレック主演のアメコミアクション超大作。女優さんはガル・ガドットとエイミー・アダムズ。私のゴーストですが出来はよいと囁いてます。ハイライトシーンでレックス役のジェシー・アイゼンバーグのノリがいい。

◆inside look
アカデミー賞の予想特集
◆『スポットライト 世紀のスクープ』 Spotlight (2015) ◆邦題がついてます。賞レースの1番手候補作品。マイケル・キートン主演男優賞をとれるのか?。
◆『オデッセイ』 The Martian (2015) ◆リドリー・スコット監督はセシル・B・デミル監督とハワード・ホークス監督にアルフレッド・ヒッチコック監督も含んでる監督だと思える。アカデミー監督賞はとってないのか?どうでもいいけど。
◆『レヴェナント: 蘇えりし者』 The Revenant (2015) ◆レオナルド・ディカプリオは相変わらずノミネート止まりみたい。
◆『キャロル』 Carol (2015) ◆ケイト・ブランシェットの主演女優賞、ルーニー・マーラは助演女優賞にノミネートらしい。
◆ Brooklyn (2015) ◆まだ邦題は付いていない。アイリッシュがブルックリンで暮らす話しらしい。
◆ Room (2015) ◆ブリー・ラーソン主演の母子監禁ドラマ。ホラーではない。ジョアン・アレンも出てる。
◆ Joy (2015) ◆デビッド・O・ラッセル監督とおなじみのキャスト3人が勢ぞろいした主婦サクセスドラマ。
◆『ブリッジ・オブ・スパイ』 Bridge of Spies (2015) ◆冷戦ドラマ。トム・ハンクス主演男優賞はないらしい。
◆『スティーブ・ジョブズSteve Jobs (2015) ◆興行はイマイチでしたが賞レースは強そう。
◆『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 Mad Max: Fury Road (2015) ◆アクションの割りに批評がいい珍しい作品。この作品の女戦士役はシャーリーズ・セロンの一世一代の当たり役になるでしょう。もうなってるか。
◆『リリーのすべて』 The Danish Girl (2015) ◆男性から女性への性転換ドラマ。エディ・レッドメインアリシア・ビキャンデル主演。
◆『ブラック・スキャンダル』 Black Mass (2015) ◆ジョニー・デップもノミネート止まりといった感じ。
◆ Trumbo (2015) ◆ブライアン・クランストン主演男優賞か?
◆『ヘイトフル・エイト』 The Hateful Eight (2015) ◆密室物ウエスタン。ジェニファー・ジェイソン・リーが助演女優賞をとれるか?。
◆ Youth  (2015) ◆マイケル・ケイン、ハーベイ・カイテル主演の人間ドラマ。ジェーン・フォンダが候補。
◆『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』 Love & Mercy (2014) ◆音楽ドラマ。エリザベス・バンクスポール・ダノが候補。
◆『アクトレス 女たちの舞台』 Clouds of Sils Maria (2014) ◆3女優共演ドラマ。ジュリエット・ビノシュクリステン・スチュワートクロエ・グレース・モレッツ共演。この作品でクリステン・スチュワートはアメリカ人として初めてフランスのセザール賞を授与された。
◆『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 The Big Short (2015) ◆バブルがはじける金融ドラマ。クリスチャン・ベイルが候補。
◆『クリード チャンプを継ぐ男』 Creed (2015) ◆ボクシング熱血ドラマ。シルベスター・スタローンがまさかの助演男優賞か?

◆new releases
◆ The Divergent Series: Allegiant (2016) ロベルト・シュヴェンケ監督、シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ主演の『ダイバージェント』シリーズ最新作。『ハンガー・ゲーム』シリーズの便乗作の中では1番ヒットしてるシリーズだと思う。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆news flash
◆訃報特集。
◆『ドクトル・ジバゴ』 Doctor Zhivago (1965) のオマー・シャリフ
◆『ラブ・バッグ』 The Love Bug (1968) のディーン・ジョーンズ。
◆『ブラック・レイン』 Black Rain (1989) の高倉健。この作品の高倉健の英語の発音が絶品。ジャバニーズイングリッシュの見本です。
◆『エルム街の悪夢』 A Nightmare on Elm Street (1984) のウェス・クレイブン監督。
◆『ロード・オブ・ザ・リングThe Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring (2001) だけではないクリストファー・リー
◆『鳥』 The Birds (1963) のロッド・テイラー
◆『007 オクトパシー』 Octopussy (1983) のルイ・ジュールダン。これが代表作では気の毒です。せめて『忘れじの面影』 Letter from an Unknown Woman (1948) か『恋の手ほどき』 Gigi (1958) ぐらいにしてやればと思える。
◆『静かなる男』 The Quiet Man  (1952)のモーリン・オハラ
◆『ゴッドファーザー』 The Godfather (1972) のアレックス・ロッコ。
◆『ロストボーイ』 The Lost Boys (1987) のエドワード・ハーマン。
◆『クレイマー、クレイマー』 Kramer vs. Kramer (1979) のジョージ・コー。
◆『エクスカリバー』 Excalibur (1981) のナイジェル・テリー。
◆『レッド・オクトーバーを追え!』 The Hunt for Red October (1990) のフレッド・ダルトン・トンプソン。
◆『甘い生活』 La dolce vita (1960) のアニタ・エクバーグ。
◆『スター・トレック2/カーンの逆襲』 Star Trek: The Wrath of Khan (1982) と『スター・トレックStar Trek (2009) のレナード・ニモイ

◆new releases
◆『ウォークラフトWarcraft (2016) ダンカン・ジョーンズ監督、トラヴィス・フィメル、ポーラ・パットン主演のゲーム原作のファンタジーアクション。私はゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆inside look
◆失敗作特集。
◆ Our Brand Is Crisis (2015) ◆サンドラ・ブロック主演の選挙コメディ。大規模公開ではなくアートシアター路線にした方がよかったような気がする。
Loft (2014) ◆共同で部屋を借りたら死体が出るサスペンス。
◆ Victor Frankenstein (2015) ◆ジェームズ・マカヴォイダニエル・ラドクリフが出ていてもダメなものはダメらしい。
◆ Scouts Guide to the Zombie Apocalypse (2015) ◆ボーイスカウトときれいなお姉さんのゾンビアクション。キャストが地味過ぎたのマイナスだったらしい。
◆ We Are Your Friends (2015) ザック・エフロン主演のDJドラマ。せっかくエミリー・ラタコウスキーが出ていたのに。
◆ Rock the Kasbah (2015) ◆ビル・マーレイ主演の中東コメディ。
◆ My All American (2015) ◆アメフトスポ根映画。
◆ Jem and the Holograms (2015) ◆これが1番下のようです。こまったものです。

◆new releases
◆『スノーホワイト/氷の王国』 The Huntsman Winter's War (2016) セドリック・ニコラス=トロイアン監督、クリス・ヘムズワースシャーリーズ・セロン主演の『スノーホワイト』シリーズの続編。他にエミリー・ブラントジェシカ・チャステインとキャストが異常に豪華。私のゴーストですがキャスト倒れで出来はまあまあだと囁いてます。

◆Hollywood gossip
チャーリー・シーンHIV感染をカミングアウト。
エミール・ハーシュが泥酔して女性の首を絞めて15日のムショ送りになる。
ハリソン・フォードがビンテージ軽飛行機で墜落して生還する。
◆ロバート・ダウニーJr.が英国TVのインタビューにぶち切れて席を立つ。
ポール・ウォーカーの16歳の娘がポルシェを告訴する。ポール・ウォーカーが亡くなったのは2013年のこと。もうそんなに前になるのか。
ジョニー・デップアンバー・ハードが結婚して映画撮影で犬を連れて行きオーストラリア政府ともめる。
ベネディクト・カンバーバッチがソフィ・ハンターと結婚。
キャメロン・ディアスベンジー・マッデンと結婚。
◆エイミー・アダムズとダレン・レガロが結婚。
ジェニファー・アニストンジャスティン・セローが結婚。
アシュトン・カッチャーミラ・クニスが結婚。
ソフィア・ベルガラとジョー・マンガニエロが結婚。
◆ウィル・スミスとジェイダ・ピンケット・スミスが離婚しないと声明を出す。
ベン・アフレックジェニファー・ガーナーが離婚。
ハル・ベリーとオリビエ・マルチネスが離婚。
シエナ・ミラーとトム・スターリッジが破局。
サンドラ・ブロックが2人目の養子を迎える。
キーラ・ナイトレイが出産。
ミラ・ジョボビッチも出産。
アン・ハサウェイが妊娠。

◆new releases
◆ Alice Through the Looking Glass (2016) ジェームズ・ボビン監督、ジョニー・デップミア・ワシコウスカ主演の『アリス・イン・ワンダーランドAlice in Wonderland (2010) の続編。ティム・バートン監督ではない。私のゴーストですが出来はまあまあだと囁いてます。

◆news flash
◆新進スター特集。
◆『シンデレラ』 Cinderella (2015) のリリー・ジェームズ。新作は『プライドと偏見とゾンビ[仮]』 Pride and Prejudice and Zombies (2016)
◆『クリード チャンプを継ぐ男』 Creed (2015) のマイケル・B・ジョーダン。が『ファンタスティック・フォー』 Fantastic Four (2015) は忘れた方がいいみたい。元々は『フルートベール駅で』 Fruitvale Station (2013) でライアン・クーグラー監督と共に注目された。
◆『スターウォーズ/フォースの覚醒』 Star Wars: Episode VII - The Force Awakens (2015) からジョン・ボイエガ。新作のオファーが多いそうです。でエマ・ワトソンと共演する The Circle (2016) とか。
◆ Trainwreck (2015) のエイミー・シューマー。エイミー・ポーラーと混同していた。そんなことを言ったらティナ・フェイクリステン・ウィグをずっと混同していたりする。

◆new releases
◆『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 Captain America: Civil War (2016) アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニーJr.主演のアメコミアクション。どのシリーズなのかよくわからん。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆boxoffice top of the year
◆10位が『007 スペクター』 Spectre (2015) サム・メンデス監督、ダニエル・クレイグクリストフ・ヴァルツ主演の『007』シリーズ最新作。スペクターと対決する話しらしい。女優さんはモニカ・ベルッチとレア・セドゥ。殺し屋役で元WWEプロレスラーのデイヴ・バウティスタ。興行収益totalは1億9120万ドル。
◆9位が『ミッション: インポッシブル ローグ・ネイション』 Mission: Impossible - Rogue Nation (2015) クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズサイモン・ペッグ主演の『ミッション: インポッシブル』シリーズ最新作。女優さんはレベッカファーガソン。謎の組織の対決する話しらしい。興行収益totalは1億9500万ドル。
◆8位が『シンデレラ』 Cinderella (2015) ケネス・ブラナー監督、リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット主演のシンデレラ・ドラマ。そのまんまの話しに作られているようです。興行収益totalは2億110万ドル。
◆7位が『オデッセイ』 The Martian (2015) リドリー・スコット監督、マット・デイモンジェシカ・チャステイン主演の火星サバイバルドラマ。火星に1人取り残されて悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは2億2300万ドル。
◆6位が『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』 The Hunger Games: Mockingjay - Part 2 (2015) フランシス・ローレンス監督、ジェニファー・ローレンスジョシュ・ハッチャーソン主演の『ハンガー・ゲーム』シリーズの完結作。話しはいつもと同じみたい。興行収益totalは2億4560万ドル。
◆5位が『ミニオンズ』 Minions (2015) ピエール・コフィン、カイル・バルダ監督、サンドラ・ブロックジョン・ハムVCの3D CGアニメ。『怪盗グルー』シリーズからのスピンオフ作品。ミニオンズが女王様キャラの悪役と色々とある話らしい。Illumination Entertainment/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは3億3600万ドル。
◆4位がが『ワイルド・スピード SKY MISSION』 Furious 7 (2015) ジェームズ・ワン監督、ビン・ディーゼルポール・ウォーカー主演の『ワイルド・スピード』シリーズ第7作。いつものような無茶苦茶カーアクションになってるようです。悪役にジェイソン・ステイサムが登場。これが目新しい。興行収益totalは3億5300万ドル。
◆3位が『インサイド・ヘッド』 Inside Out (2015) ピート・ドクター、ロニー・デル・カルメン監督、エイミー・ポーラー、フィリス・スミスVCの3D CGアニメ。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。11歳の女の子の頭の中で色々とある話しらしい。興行収益totalは3億5640万ドル。◆2位が『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 Avengers: Age of Ultron (2015) ジョス・ウェドン監督、ロバート・ダウニーJr.、クリス・エヴァンス主演のシリーズ最新作。いつものように強敵を相手にアクションする話しのようです。興行収益totalは4億5900万ドル。
◆1位が『ジュラシック・ワールド』 Jurassic World (2015) コリン・トレヴォロウ監督、クリス・プラットブライス・ダラス・ハワード主演のジュラシック・シリーズ最新作。園内の恐竜達が大暴れしてさあ大変という話しのようです。興行収益totalは6億5220万ドル。

◆ending
◆ Alison Krauss and Robert Plant's “ Light of Christmas Day ” from “ Love the Coopers (2015) ”

◆今回に集計には間に合わなかった『スターウォーズ/フォースの覚醒』 Star Wars: Episode VII - The Force Awakens (2015) は最初から大ヒットしてるそうです。おめでとうございます。

 

火星の人

火星の人