読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hollywood Express #580◆2014.07.26(土)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆ The Giver (2014) SFファンタジー、ニューヨークの250館で先行上映。フィリップ・ノイス監督。これだけでは出来はわからん。
ジェイソン・サダイキスジェシー・オーエンスの伝記映画 Race に出る話題。ジェシー・オーエンスのコーチを演じるそうです。ジェレミー・アイアンズがお偉方を演じるらしい。肝心のジェシー・オーエンスはStephan Jamesが演じます。
トム・ヒドルストン出演のジャガーのTVCMが放映禁止決定になった話題。いくら注意書きの字幕を小さく入れても速度違反を煽ってるとダメらしい。
◆ Gone Girl (2014) デビッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック主演の妻がいなくなってしまったドラマ。女優さんはロサムンド・パイク。ニューヨーク映画祭のオープニング作品になったそうです。
ロン・ハワード監督がビートルズの最初から最後までを描く公式コンプリート・ドキュメンタリーの監督になった話題。生存してるメンバーや関係者がアドバイスを送るようですが、これはもめそうでドキュメンタリーより面白そう。オノヨーコが協力するともうもめそうな感じ。

◆red carpet
◆『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』 Planes: Fire & Rescue (2014) のプレミアの風景。デイン・クック、ジュリー・ボーウェンのインタビューがあります。

◆inside look
◆ Sex Tape (2014) のメイキング。キャメロン・ディアスジェイソン・シーゲルのインタビューがあります。ロブ・ゴードリー、エリー・ケンパーのインタビューもあります。この2人が主役2人に役に立たないアドバイス等をするキャラのようです。ジェイソン・シーゲルは日本でもないのに金属バットを持っています。アメリカでは木製バットなのではと思える。日本では一家皆殺し事件で有名な金属バットになるんです。
◆『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』 Planes: Fire & Rescue (2014) のメイキング。デイン・クック、ジュリー・ボーウェンのインタビューがあります。ジュリー・ボーウェンは双発飛行機のキャラきようです。ウェス・スティディのインタビューもあります。ウェス・スティディとはいえば『ザ・グリード』(1998年): 映画フェイス傭兵隊長役が印象的。

◆Hollywood gossip
◆セス・マクファーレンとユニバーサル・ピクチャーズが『テッド』 Ted (2012) で訴訟沙汰に巻き込まれる話題。テディベアが引っ掛かったらしい。テディベアは普通名詞なのでは?、随分と無茶なカネのせびり方です。
◆ロバート・ダウニーjr.に2人目の子供が出来る。前妻とは息子がいるとのこと。

◆new releases
◆『ヘラクレス』 Hercules (2014) ブレット・ラトナー監督、ドウェイン・ジョンソンイアン・マクシェーン主演のサンダル&ソード・アクション。ヘラクレスとハーキュリースが同じだとわかったのはつい最近のこと。ブレット・ラトナー監督は失脚して消えたと思ったら復活しています。スーパーモデルのイリーナ・シェイクが出てるようです。ドウェイン・ジョンソンと一緒の画像を見たことがある。私のゴーストですが出来は普通だと言ってます。
◆ Lucy (2014) リュック・ベンソン監督、スカーレット・ヨハンソンモーガン・フリーマン主演のSFアクション。薬のせいで脳髄が100%覚醒したヒロインが色々と活躍する話しのようです。人間の脳は10%しか機能していない・・、そんな感じで話しはせ進みます。全体的にシーンが変わるごとにスカーレット・ヨハンソンの髪形、メイク、衣装を替えてのアイドル映画のようになってます。それもそれでいいけど。私のゴーストですが出来は普通だと言ってます。

◆weekend boxoffice top10
◆10位が『マレフィセント』 Maleficent (2014) ロバート・ストロンバーグ監督、アンジェリーナ・ジョリーシャールト・コプリー主演の『眠れる森の美女』からスピンオフしたファンタジードラマ。魔女マレフィセントをフィーチャーした設定だそうです。肝心のお姫さまの女優さんは姉のダコタ・ファニングより有望だと言われてるエル・ファニング。興行収益totalが2億2830万ドル。
◆9位が Earth to Echo (2014) デイブ・グリーン監督、テオ・ハルム、アストロ主演の子役が主人公のSFコメディのようです。話しの方はよくわからん。興行収益totalが3190万ドル。今週のハイライトは3人で多数決をとるシーンです。
◆8位が How to Train Your Dragon 2 (2014) ディーン・デュボア監督、ジェイ・バルチェルケイト・ブランシェットVCの3D CGアニメ『ヒックとドラゴン』シリーズ第2作。Mad Hatter Entertainment/DreamWorks Animation製作配給。興行収益totalが1億6070万ドル。まだ邦題が付いてません。
◆7位が 22 Jump Street (2014) フィル・ロード、クリストファー・ミラー監督、ジョナ・ヒルチャニング・テイタム主演のシリーズ第2作。主役2人はさすがに高校ではなく大学に潜入するようです。上司のアイス・キューブはちゃんと出ています。興行収益totalが1億8050万ドル。今週のハイライトは黒人の双子ギャグです。
◆6位が Tammy (2014) ベン・ファルコーン監督出演、メリッサ・マッカーシースーザン・サランドン出演のコメディのようです。キャシー・ベイツも出ています。マクドナルドみたいなタッパージャックスという店で強盗するが上手くいかずにクルマで逃げ回る話しのようです。興行収益totalが7100万ドル。
◆5位が『トランスフォーマー/ロストエイジ』 Transformers: Age of Extinction (2014) マイケル・ベイ監督、マーク・ウォールバーグ、ニコラ・ペルツ主演のシリーズ第4作。マーク・ウォールバーグですがさすがに子持ちの役になってるみたい。あとはいつもの変形爆発CGアクションになってます。興行収益totalが2億2700万ドル。
◆4位が Sex Tape (2014) ジェイク・カスダン監督、キャメロン・ディアスジェイソン・シーゲル主演のロマンティック・コメディのようです。どらからといえばスクリューボール・コメディに近いみたい。結婚10年でセックスライフがマンネリになった夫婦がセックス動画を撮ったら何故かインターネットでファイル共有になって誰でも見れるようになり何とかしようと悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalが1460万ドル。イマイチな興行か?
◆3位が『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』 Planes: Fire & Rescue (2014) ロバーツ・ガナウェイ監督、デイン・クック、ジュリー・ボーウェンVCの3D CGアニメ『プレーンズ』シリーズ第2作。DisneyToon Studios/Prana Studios/Walt Disney Pictures製作配給。興行収益totalが1750万ドル。これもイマイチな興行か?
◆2位が The Purge: Anarchy (2014) ジェームズ・デモナコ監督、フランク・グリロ、カルメン・イジョゴ主演の The Purge シリーズ第2作。年に1回に夜の12時間だけ殺し合いが出来る設定のサスペンスアクションのようです。前作からキャストは一新されてます。興行収益totalが2980万ドル。
◆1位が『猿の惑星: 新世紀(ライジング)』 Dawn of the Planet of the Apes (2014) マット・リーブス監督、ゲーリー・オールドマン、ケリー・ラッセル主演の『猿の惑星』新シリーズ第2作。相変わらずモーションキャプチャー俳優のアンディ・サーキスに頼りっきりみたい。興行収益totalが1億3920万ドル。これはヒットしているようです。おめでとうございます。今週のハイライトですが遠景のモブシーンや背景が書き込まれ方が凄い。ホントにCGは魔法です。

◆ending
◆ Imagine Dragons “ Battle Cry ” from “ Transformers: Age of Extinction (2014) ”