読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hollywood Express #577◆2014.07.05(土)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

 ◆news flash
ジョージ・ルーカスがシカゴにルーカス・ミュージアムを建設する話題。相変わらず商売人です。ジョージ・ルーカスの秘蔵の美術品が多く映画関連はそれほどでないみたい。2018年にオープン予定。
◆『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』 Bridesmaids (2011) からローズ・バーンがブロードウェイの舞台『ユー・キャント・テイク・イット・ウィズ・ユー』に出演の話題。ジェームズ・R・ジョーンズ共演。
ベン・アフレックマット・デイモンがHBOのTVシリーズ『プロジェクト・グリーンライト』を始める。オーディション番組のバリエーションでオーディションして映画製作をさせる番組らしい。
◆『ユー・ガット・メール』 You've Got Mail (1998) から復活のメグ・ライアン初監督作品 Ithaca (2015) にトム・ハンクスが出るかも知れない話題。メグ・ライアンはラッセル・クローと何だかんだあって整形手術に失敗とか色々とあったようです。
◆『ハンガーゲーム』シリーズの最新作 第3作 The Hunger Games: Mockingjay - Part 1 (2014) の話題。普通のシリーズ物のようです。特に変わったところはない。
◆『ダラス・バイヤーズクラブ』 Dallas Buyers Club (2013) から最もセクシーなベジタリアンエレン・ペイジジャレッド・レトが選ばれた話題。ハリウッドのベジタリアンは他にもラッセル・ブランドナタリー・ポートマンがそうらしい。
◆ The Canyons (2013) からリンジー・ローハンがロンドンの舞台に初出演する話題。デビッド・マメット原作のハリウッド風刺物だそうです。

◆red carpet
◆『トランスフォーマー/ロストエイジ』 Transformers: Age of Extinction (2014) の香港プレミアの風景。マーク・ウォールバーグスタンリー・トゥッチ、ケルシー・グラマーのインタビューがあります。ケルシー・グラマーはTVスターです。人気TVシリーズに出ていたこともあった。

◆inside look
トランスフォーマー/ロストエイジ』 Transformers: Age of Extinction (2014) のメイキング。マーク・ウォールバーグのインタビューがあります。ハイライトシーンからだと、トラックが変身する。とにかく爆発が多くてCGが複雑、あとは普通のアクションだと思えます。ジャック・レイナー、ニコラ・ペルツのインタビューがあります。ケルシー・グラマーが政府関係の悪役を担当してるようです。インタビューがあります。
◆ Begin Again (2013) のメイキング。ところでキーラ・ナイトレイは歌えるのか?気になる。前衛音楽とはいうわけでなく路上で録音したりすのが変わってるらしい。ロックバンドのアダム・レビンが映画初出演して役柄はそのまんまらしい。

◆Hollywood gossip
クリステン・ベルが第2子を妊娠。旦那はダックス・シェパード。
シャイア・ラブーフがまたトラブルをおこす。ブロードウェイで酔っぱらって暴れる。だんだんジャスティン・ビーバーみたいになってます。

◆new releases
◆ Tammy (2014) ベン・ファルコーン監督、メリッサ・マッカーシースーザン・サランドン出演のコメディのようです。キャシー・ベイツも出ています。マクドナルドみたいな店で強盗するが上手くいかずにそのままクルマで逃げ回る話しのようです。アームストロングの名で世代違いの人違いギャグがあります。私のゴーストですが出来はまあまあだと言ってます。
◆『NY心霊捜査官』 Deliver Us from Evil (2014) スコット・デリクソン監督、エリック・バナエドガー・ラミレス主演のホラーのようです。ニューヨークで心霊現象があって色々とある話しのようです。そのまんまだ。普通のホラーで特に変わったとこはありません。スコット・デリクソン監督は他に何か作品があった?→どうやら異色ホラーが多いようです。私のゴーストですが出来は普通だと言ってます。

◆weekend boxoffice top10
◆10位が Chef (2014) ジョン・ファブロー監督主演、ソフィア・ベルガラ主演のコック達が主役のロマンティック・コメディのようです。興行収益totalが1940万ドル。今週のハイライトに出てる女優さんは誰だ?→よくわからん。多分 Nili Fuller 。
◆9位が『X-MEN:フューチャー・パスト』 X-Men: Days of Future Past (2014) ブライアン・シンガー監督、ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカボイ主演のシリーズ最新作。未来からやってきたウルバリンがやさぐれてるジェームズ・マカボイに気合いを入れたりして色々とある話しらしい。興行収益totalが2億2340万ドル。
◆8位が The Fault in Our Stars (2014) ジョシュ・ブーン監督、シェイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート主演の難病ドラマのようです。ベストセラー小説 The Fault In Our Stars 邦題『さよならを待つふたりのために』の映画化作品。興行収益totalが1億980万ドル。ヒットしています。今週のハイライトは飛行機の乗ったことが珍しいボーイフレンドです。
◆7位が『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 Edge of Tomorrow (2014) ダグ・リーマン監督、トム・クルーズエミリー・ブラント主演のSFアクションのようです。原作は全く知りません。『恋はデジャ・ブ』(1993年)みたいに何回死んでもやり直せる設定の主人公で色々とある話しのようです。興行収益totalが8430万ドル。まあまあヒットしているようです。今週のハイライトはトム・クルーズが死んでループするとこです。この演出は結構上手い。
◆6位が『ジャージー・ボーイズ』 Jersey Boys (2014) クリント・イーストウッド監督、ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン主演の1960年代ミュージカルのようです。興行収益totalが2740万ドル。そんなに急なランク落ちしていないようです。この調子で緩やかにランクが落ちて興行収益が最終的に4000万ドルぐらいになればペイ出来るらしい。何とかなりそうか?
◆5位が『マレフィセント』 Maleficent (2014) ロバート・ストロンバーグ監督、アンジェリーナ・ジョリーシャールト・コプリー主演の『眠れる森の美女』からスピンオフしたファンタジードラマ。魔女マレフィセントをフィーチャーした設定だそうです。肝心のお姫さまの女優さんは姉のダコタ・ファニングより有望だと言われてるエル・ファニング。興行収益totalが2億200万ドル。今週のハイライトは飛行シーン。何でもCGですが疾走感はイマイチ。
◆4位が Think Like a Man Too (2014) ティム・ストーリー監督、マイケル・イーリー、ケビン・ハート主演の黒人キャストのカップル勢ぞろいの群像コメディでラスベガスを舞台に大騒ぎする話しのようです。興行収益totalが4800万ドル。今週のハイライトはおばさんが説教するシーンです。
◆3位が How to Train Your Dragon 2 (2014) ディーン・デュボア監督、ジェイ・バルチェルケイト・ブランシェットVCの3D CGアニメ『ヒックとドラゴン』シリーズ第2作。Mad Hatter Entertainment/DreamWorks Animation製作配給。興行収益totalが2億2190万ドル。まだ邦題が付いてません。いつ邦題が付くのかが注目となります。DVDスルーなのかもしれないけど。あまりハリウッドCGアニメ映画を公開すると日本映画の実写作品の興行が食われるので劇場公開はないかもしれない。日本映画観客層はバカだとされているので日本映画アニメとハリウッドCGアニメだけで十分なのです。
◆2位が 22 Jump Street (2014) フィル・ロード、クリストファー・ミラー監督、ジョナ・ヒルチャニング・テイタム主演のシリーズ第2作。主役2人はさすがに高校ではなく大学に潜入するようです。上司のアイス・キューブはちゃんと出ています。興行収益totalが1億4020万ドル。
◆1位が『トランスフォーマー/ロストエイジ』 Transformers: Age of Extinction (2014) マイケル・ベイ監督、マーク・ウォールバーグ、ニコラ・ペルツ主演のシリーズ第4作マーク・ウォールバーグですがさすがに子持ちの役になってるみたい。あとはいつもの変形爆発CGアクションになってます。興行収益totalが1億ドル。これはビックリのいい興行成績になってます。今年最高で出だしだそうです。

◆ending
◆ Gary Clark Jr.'s “ When My Train Pulls In ” from “ Chef (2014) ”