読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hollywood Express #513◆2013.04.06(土)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆2014年アカデミー賞TV中継のスケジュールが変更になる話題。ソチ冬季オリンピックとのバッティングを避けたとのことです。これは賢明な判断でしょう。
チャールトン・ヘストン作品はもういらないとは・・・。ジム・キャリーが銃規制法に関するビデオクリップをインターネットで公開した話題。ジム・キャリーは銃規制に賛成らしい。チャールトン・ヘストンは銃器規制反対の総本山NRAの会長だったので出番があるわけです。
シャーリーズ・セロンの新作の話題。 Dark Places はサスペンスで、その前にはセス・マクファーレン監督のコメディ A Million Ways to Die in the West があるそうです。
ヒュー・ジャックマンの新作『ウルヴァリン: SAMURAI』 The Wolverine (2013) の話題。これはダメそうな感じ。日本ロケだけでもうダメでしょう。まあいいけど。それはいいけどこの作品は日本で劇場公開するようです。全くヒットしないと思う。
ジェームズ・キャメロンマリアナ海溝チャレンジャー海淵に潜航した潜水艇ディープシー・チャレンジャーを海洋研究のため寄贈する話題。この潜水艇マリアナ海溝に潜った1回だけではなく何回も使えるらしい。深海好きなジェームズ・キャメロンの道楽に関する話題でさすがハリウッドなので道楽も豪華です。
◆『トップガン』 Top Gun (1986) から3D CGアニメの新作 Planes (2013) の話題。『カーズ』 Cars (2006) の飛行機版だそうです。バル・キルマーとアンソニー・エドワーズがVCを務めます。ナルシストなのに醜く太ってしまったバル・キルマー。声だけの出演でよかったねと思える。他に肝心のトム・クルーズや出番は少なかったけどティム・ロビンズは出ないのか?
アシュレイ・ジャッドの政界進出は中止になった話題。

◆red carpet
◆『G.I.ジョー バック2リベンジ』 G.I. Joe: Retaliation (2013) のプレミアの風景。ドウェイン・ジョンソンブルース・ウィリスが並んでいます。この2人のインタビューがあります。ドウェイン・ジョンソンは特訓をやったとか。ブルース・ウィリスは外交辞令の連発。見えてる女優さんはエロディ・ユン、インタビューのエイドリアンヌ・パリッキですがちょうど『レギオン』 Legion (2009) を見たばかりです。

◆inside look
◆ The Host (2013) のメイキング。エイリアンに体を乗っ取られた世界で色々とある話しらしい。シアーシャ・ローナンダイアン・クルーガーのインタビューがあります。それに原作者ステファニー・メイヤーのインタビューもあります。インタビューで何故か『トワイライト』シリーズの話しが出てるダイアン・クルーガー。それは原作者が同じだからです。
◆ Tyler Perry's Temptation: Confessions of a Marriage Counselor (2013) のメイキング。珍しく出演はせずに監督脚本のみのタイラー・ペリーのインタビューがあります。ハイライトシーンからこれは普通のメロドラマのようです。セリフがまた平凡で甘ったるい。誰が見るんだと思えるが固定ファンがいるんです。キャストは誰も知りません。バネッサ・ウィリアムズだけは知ってるど。で、ゴシップタレントのキム・カーダシアンが出てるけどかえって固定ファンの黒人観客層が減るのではと思える。

◆Hollywood gossip
◆ジェレミー・レナーとソニ・パチェコに女児が誕生する。
◆クリスティン・ベルとダックス・シェパードにも女児が誕生する。

◆new releases
◆『ジュラシック・パーク 3D』 Jurassic Park (1993) - [3D re-release] スティーブン・スピルバーグ監督のCG恐竜アクションだと思う。これは旧作の3D版のお手軽企画です。果たしてオリジナルをどのぐらい直してるかが興味深い。ハイライトシーンだけですがいくら恐竜が襲っても子役は食われないと思う。未見なのでよくわからん。子役が食われたら作品が成立しない。
◆『死霊のはらわたEvil Dead (2013) フェデ・アルバレス監督、ジェーン・レヴィ、シャイロー・フェルナンデス、ジェシカ・ルーカス主演の旧作『死霊のはらわたEvil Dead (1988) のリメイク・ホラー。これは面白そう。オリジナルよりカネはかかってるしCGも使えるし、フェデ・アルバレス監督の腕前がよければ出来はよさそう。ハイライトシーンではこの作品の売りになる移動撮影のステディカムが全開になっています。

◆weekend boxoffice top10
◆10位が The Incredible Burt Wonderstone (2013) ドン・スカーディノ監督、ジム・キャリー、スティーブ・カレル、オリビア・ワイルド主演のマジシャン・コメディのようです。いじめられていた少年の頃にTVでマジシャンを見て大人になってマジシャンになって色々とある話しらしい。興行収益totalが2060万ドル。まだtop10に残っていました。やっぱり見どころはオリビア・ワイルドだけらしい。
◆9位が Spring Breakers (2012) ハーモニー・コリン監督、セレナ・ゴメス、バネッサ・ハジェンズ、アシュリー・ベンソン、レイチェル・コリン、ジェームズ・フランコ主演のクライム・コメディのようです。興行収益totalが1000万ドル。まだtop10に残っていました。今週のハイライトはビキニです。話しの方は強盗して泥沼にハマる話しなのか?
◆8位が Admission (2013) ポール・ワイツ監督、ティナ・フェイポール・ラッド主演のロマンティック・コメディのようです。ティナ・フェイは先生役なのか?→調べるとアドミッション・オフィサーという職のようです。大学入学合否判定者といった感じ。興行収益totalが1170万ドル。今週のハイライトからポール・ラッドの役は生徒の父親か後見人なのか?まだよくわからん。
◆7位が The Call (2013) ブラッド・アンダーソン監督、ハル・ベリーアビゲイル・ブレスリン主演の911オペレーターの巻き込まれサスペンスアクションのようです。興行収益totalが3960万ドル。今週のハイライトは警察の家宅捜索です。警官の「子供の前では話せない」のセリフがいい。
◆6位が The Host (2013) アンドリュー・ニコル監督、シアーシャ・ローナン、マックス・アイアンズ、ダイアン・クルーガー主演のSFメロドラマらしい。『トワイライト』シリーズと同じ原作者なのでそうなると思える。興行収益totalが1060万ドル。
◆5位が『オズ はじまりの戦い』 Oz: The Great and Powerful (2013) サム・ライミ監督、ジェームズ・フランコレイチェル・ワイズミシェル・ウィリアムズミラ・クニス主演の魔法使いオズの誕生ドラマのようです。興行収益totalが1億9830万ドル。今週のハイライトは黄色い道でジェームズ・フランコが人形の女の子の泣き落としにあってるシーンです。そんなんこんなで猿と人形の家来が出来るのか。桃太郎みたい。女の子のVCはジョーイ・キング
◆4位が『エンド・オブ・ホワイトハウスOlympus Has Fallen (2013) アントワン・フークワ監督、ジェラルド・バトラーアーロン・エッカートモーガン・フリーマン主演のアクションのようです。キャストは豪華。シークレットサービス物でホワイトハウスがテロリストに襲撃される話しのようです。アクションは派手です。興行収益totalが5480万ドル。プラスチック爆弾はC4と言ってます。C4はTV『怪しい伝説』によく出ていて爆発しています。
◆3位が Tyler Perry's Temptation: Confessions of a Marriage Counselor (2013) タイラー・ペリー監督脚本、ジャーニー・スモレット・ベル、ランス・グロス主演の不倫メロドラマのようです。興行収益totalが2160万ドル。
◆2位が The Croods (2013) カーク・デミッコ、クリス・サンダース監督、ニコラス・ケイジライアン・レイノルズエマ・ストーンVCの3D CGアニメ。ドリームワークス・アニメーション製作 20世紀フォックス配給。原始時代物らしい。さすがに恐竜は出てこないみたい。変なクリーチャーは多く出てる。興行収益totalが8880万ドル。
◆1位が『G.I.ジョー バック2リベンジ』 G.I. Joe: Retaliation (2013) ジョン・チュウ監督、ブルース・ウィリスドウェイン・ジョンソン主演のアクション大作。女優さんはエロディ・ユン、エイドリアンヌ・パリッキ等。興行収益totalが5100万ドル。今週のハイライトはいきなり手裏剣です。大丈夫なのか。ハリウッドなのでニンジャとカンフーがごちゃまぜになっています。あとハリウッドはヤクザとサムライもごちゃまぜにしています。バカにしてるのか知らないのかどっちなのでしょう?、両方か。

◆ending
Mariah Carey's “ Almost Home ” from “ Oz: The Great and Powerful ”