読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.08.22(月)

◆このたびの天災、地震津波被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。復興を心から願っていますが、現実はそうはなっていなくて、どさくさに紛れてお役人様のやりたい放題になっています。これはひどい
◆人災の福島第一原子力発電所事故は報道管制で人災をなかったことにしようとしてるようですが現実問題としては放射性物質は継続して放出しています。何でもいいから放射性物質放出を早くなんとかしてくれとなります。こっちもどさくさに紛れてお役人様が原発補助金システムを勝手に変更して「カネで人の心を汚してしまえ」の『死ね死ね団』も真っ青なレベルとなっています。これもひどい。

◆地上波デジタルTXテレビ東京にて放映のSHOWBIZ COUNTDOWNの感想です。
◆ネタバレはあると思います。

◆オープニングテーマのビデオクリップ
高橋瞳 “Hello” H ZETT M、『プールサイド』

◆U.S.A. BOX OFFICE TOP10
◆6週目10位が『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』 Transformers: Dark of the Moon (2011) マイケル・ベイ監督、シャイア・ラブーフロージー・ハンティントン=ホワイトリー主演のシリーズ第3弾で初の3D作品となっているそうです。興行収益累計が3億4400万ドル。
◆5週目9位が4週目7位が『モンスター上司』 Horrible Bosses (2011) セス・ゴードン監督、ジェイソン・ベイトマンチャーリー・デイジェイソン・サダイキス主演のコメディのようです。嫌味な上司達に悩まされる主人公の3人トリオが役に立たないアドバイスをもらって悪戦苦闘する話しのようです。嫌味な上司役がケビン・スペイシージェニファー・アニストンコリン・ファレル、役に立たないアドバイスをする元詐欺師はジェイミー・フォックスとキャスティングは素晴らしい。興行収益累計が1億500万ドル。わざわざ3人トリオと書くのはあまりにも特徴がなかったりアホなトリオの時にそのように書いてるのです。で、セス・ゴードン監督はなるべく3人一緒のショットを多用しているそうです。
◆3週目8位が『ステイ・フレンズ』 Friends with Benefits (2011) ウィル・グルック監督、ミラ・クニス、ジャスティン・ティンパーレイク、パトリシア・クラークソン主演のロマンティック・コメディのようです。エマ・ストーンも少し出てる。恋愛に疲れてセックスのみの関係でいようとしてそうではなくなるルーティンな話しになっています。作品の出来がよければこれもこれでいい。興業収益累計が4800万ドル。今週のハイライトは街中で大勢でダンスのシーンです。ミュージカルみたいないいシーンです。
◆2週目7位が Crazy, Stupid, Love. (2011) グレン・フィカーラジョン・レクア監督、スティーブ・カレル製作主演、ライアン・ゴズリングジュリアン・ムーアエマ・ストーン共演のロマンティック・コメディのようです。他にマリサ・トメイケビン・ベーコンとキャストは豪華です。奥さんのジュリアン・ムーアに逃げられた中年男スティーブ・カレルがマッチョな男ライアン・ゴズリングから役に立たないアドバイスを受けて特訓したりして悪戦苦闘する話しらしい。興行収益累計が4200万ドル。今週のハイライトはライアン・ゴズリングエマ・ストーンを口説くシーンです。ライアン・ゴズリングですが何だかティム・ロスにソックリ。口説くより殺人鬼役の方が合ってそうです。
◆4週目6位が『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 Harry Potter and the Deathly Hallows: Part II (2011) デビッド・イェーツ監督、ダニエル・ラドクリフエマ・ワトソンルパート・グリントレイフ・ファインズ主演のファンタジーアクション?でおなじみのシリーズ最終作のようで3Dだそうです。悪役が特殊メイクのレイフ・ファインズ。興行収益累計が3億4300万ドル。
◆3週目5位が『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 Captain America: The First Avenger (2011) ジョー・ジョンストン監督、クリス・エバンス、トミー・リー・ジョーンズヘイリー・アトウェル主演のアメコミ・アクションのようです。興行収益累計が1億4300万ドル。1部の国ではタイトルの『キャプテン・アメリカ』が外されて単に『ザ・ファースト・アベンジャー』がなってるそうです。日本はアメリカ様の植民地なのでそのままの邦題になっています。
◆1週目4位が The Change-Up (2011) デビッド・ドブキン監督、ライアン・レイノルズジェイソン・ベイトマンレスリー・マン、オリビア・ワイルド、ミルチャ・モンロー主演の入れ替わりコメディのようです。友人同士の体が入れ替わり色々とある話しのようです。興行収益が1300万ドル。原題から野球ネタの作品かと思ったら全然違いました。演じてる俳優もわかってるようでおなじみのコンセプトを現代版にアレンジしたとインタビューで語っています。見てる方は話しはおなじみでも出来がよければ別に構わないのです。
◆2週目3位が Cowboys & Aliens (2011) ジョン・ファブロー監督、ハリソン・フォードダニエル・クレイグ、オリビア・ワイルド主演のSFウエスタンアクションのようです。メキシコ出身の美形女優アナ・デ・ラ・レゲラも出ています。興行収益累計が6700万ドル。今週のハイライトはハリソン・フォードダニエル・クレイグとの絡みです。それでもハリソン・フォードはよくこの作品に出る気になったな。何で出たんだ?
◆2週目2位が The Smurfs (2011) ラジャ・ゴズネル監督、VCは有名どころをそろえてるはずです。アニメと実写の3Dのファミリー・ムービーだそうです。スマーフとはベルギーの新聞マンガのキャラクターだそうで、このことは初めて知った。興行収益累計が7500万ドル。VCはケイティ・ペリーアントン・イェルチンが出てるそうです。だからこの作品のプレミアにケイティ・ペリーが出ていたのか。そりゃそうか。
◆1週目1位が『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』 Rise of the Planet of the Apes (2011) ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコフリーダ・ピントジョン・リスゴー、CGで描写してる猿のベースはアンディ・サーキス。『猿の惑星』シリーズの前日譚の話しのようです。興行収益が5400万ドル。これは予告編というかハイライトを見てるだけで出来がよさそうです。猿の表情の動きがよくてこれはビックリといった感じ。博士役がジョン・リスゴーみたいだけど大丈夫なのか。『レイジング・ケイン』(1992年)になるのかと思える。ジェームズ・フランコが熱演しています。話しの方は知能高める薬で知能の高くなった猿が反乱を起こし同じ知能高める薬をばらまいて仲間を増やすようです。

◆Movie Topics
◆ Colombiana (2011) リュック・ベッソン製作、脚本、オリビエ・メガトン監督、ゾーイ・サルダナ、マイケル・バルタン、クリフ・カーティス主演の『ニキータ』(1990年)そのまんまのアクションのようです。出来がよければそれもそれでいい。ゾーイ・サルダナはバレエ映画『センターステージ』(2000年)に出ていてバレエが出来るのでアクションも出来るのです。
◆『スパイキッズ4D ワールドタイム・ミッション』 Spy Kids: All the Time in the World in 4D (2011) ロバート・ロドリゲス監督、ジェシカ・アルバ主演のスパイキッズシリーズ第。臭いが感じるカード付きなので4Dなんだと。パパ役はジョエル・マクヘイル、悪役はジェレミー・ピベン、ちゃんと前のシリーズの出演者も出ています。全体的にCG全開になっています。ロバート・ロドリゲス監督は自分のプロダクションを稼働させないといけないのでこの手の作品を継続して作ってるようです。

◆JAPAN MOVIE TOP10
◆7位には『ツリー・オブ・ライフ』 The Tree of Life (2011) が入ってます。
◆3位が『カーズ2』 Cars 2 (2011)
◆2位が『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』 Transformers: Dark of the Moon (2011)
◆1位が『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 Harry Potter and the Deathly Hallows: Part II (2011)

◆Music Topics 私は音楽ネタの方はサッパリです。
◆映画の邦題もイマイチなのが多いけど、洋楽の勝手な邦題はホトンド許しがたいレベルに達しています。そんなわけで原語表記にしています。カタカタ表記は1文字でも異なると検索が出来ないし・・・
◆日本語の歌詞さえロクに聞いていないので英語の歌詞がわかるわけがない。それに日本ではメッセージソングが実質的に禁止されてるから歌詞に意味がないのは当然かもしれない。
◆外人の喋る英語は全然わからないし、外人が日本語を喋ってるのを聞くと何故かムカつく。この鎖国システムはよく出来てます。

Arctic Monkeys、最新ビデオクリップが『The Hellcat Spangled Shalalala』、最新アルバムが『Suck It And See』

◆エンディングテーマのビデオクリップ
三浦大知、『Turn Off The Light』

◆SHOWBIZ NEWS
◆米誌がハリウッドで最も稼いだティーンリストを発表。昨年約40億円を稼ぎ出したジャスティン・ビーバーが1位。これはまた凄いカネのなる木のようです。
ジェシカ・アルバが第2子となる女児出産。ハリウッドのヤンママです。
ジェラルド・バトラーら数名のセレブが共同経営する焼き肉店の元従業員から残業手当未払いで訴えられる。色々と大変なようです。
◆マドンナがセルライト対策で620万円の美容機器を購入。毎度のことでネタを提供しています。
チャーリー・シーンが『メジャーリーグ』最新作のためのバッティング練習中に肘の神経を断裂、撮影が休止に。それならもう全部CGにしなさいと思える。

◆SHOWBIZ QUIZ
レイフ・ファインズアカデミー賞にノミネートされた最初の映画は?、これはわからない。『イングリッシュ・ペイシェント』(1996年)か?そもそも出てたっけ?、『ことの終わり』(1999年)がいいんだけど、これは違うような。→で、正解は『シンドラーのリスト』(1993年)の助演男優でした。そんなことは知りません。