読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.06.06(月)

◆このたびの天災、地震津波被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。復興を心から願っています。まだ死亡者数すら判明せず復興にはほど遠い状況です。いまだに状況は変わっていなくて、どうやらお役人様は全く進めるつもりがないらしい。どさくさに紛れてアメリカ様に復興利権が行ってから進めるのか?。アメリカ様もトモダチ作戦は結構なんですが料金はしっかり請求してるし、相変わらずアメリカ国債は買わせてるし、復興利権を独占しようとしてるし、そんな感じで日本の植民地ぶりは変わっていません。
◆人災の福島第一原子力発電所事故で東京電力に振り回されてる皆様にも心よりお見舞い申し上げます。こっちは報道管制でこの人災をなかったことにしようとしてるようですが現実問題としては放射性物質は継続して放出しています。何でもいいから放射性物質放出を早くなんとかしてくれとなります。平時にお役人様が勝手にやってるのはいいけど肝心の非常時に全く役に立たない。それではお役人様の価値がないじゃん、どうするの?

◆地上波デジタルTXテレビ東京にて放映のSHOWBIZ COUNTDOWNの感想です。
◆ネタバレはあると思います。

◆オープニングテーマのビデオクリップ
Lady Gaga、『Judas

◆U.S.A. BOX OFFICE TOP10
◆番外で1週目13位が Midnight in Paris (2011) ウッディ・アレン監督、オーエン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムズ主演のファンタジー・コメディのようです。夜な夜なパリの街を歩き1920年代にタイムスリップする設定らしい。興行収益が59万ドルといかにもアートシアター系らしくなっています。ウッディ・アレンは今何歳?もう死んでるのかと思っていた。
◆5週目10位が Tyler Perry's Madea's Big Happy Family (2011) タイラー・ペリー監督脚本、女装で主演のコメディのようでシリーズ最新作だそうです。何のシリーズなのかよくわからんけど。興行収益累計が5100万ドル。タイラー・ペリー監督の固定ファンがいるので確実にヒットしてるらしい。
◆5週目9位が Water for Elephants (2011) フランシス・ローレンス監督、リース・ウィザースプーンロバート・パティンソンクリストフ・ヴァルツ主演のメロドラマのようです。1930年代の恐慌の時代を背景にサーカスを舞台にしたコテコテなメロドラマらしい。興行収益累計が5200万ドル。興業はいいようです。
◆3週目8位が Something Borrowed (2011) ルーク・グリーンフィールド監督、ケイト・ハドソン、ジニファー・グッドウィン、ジョン・クラシンスキー、コリン・エッグレスフィールド主演のロマンティック・コメディのようです。興業収益累計が3100万ドル。まあまあな興業のようです。ロマンティック・コメディは話しは凝らないでシンプルな方がいいんです。おなじみの話しを魅力的な女優さんが演じるのがいいのです。
◆3週目7位が Jumping the Broom (2011) サリム・アキル監督、アンジェラ・バセットポーラ・パットン主演の黒人キャストのロマンティック・コメディらしい。あとはよくわからん。興行収益累計が3100万ドル。この作品も固定ファンというか黒人層に支持されてるようです。
◆6週目6位が『ブルー 初めての空へ』Rio (2011) カルロス・サルダーニャ監督、アン・ハサウェイジェシー・アイゼンバーグ他がVCの3D CGアニメ。飛べないインコの主人公が色々とある話しのようです。興行収益累計が1億3100万ドル。大ヒットしてるようです。典型的なフルアニメになっていてキャラクターがウニュウニュと動いてて日本のリミテッドアニメに慣れてる私には見ててどうも気持ち悪い。VCでシンガーの人が音痴な鳥に演じてるそうです。よくあるパターンですが面白い。
◆2週目5位が Priest (2011) スコット・チャールズ・スチュアート監督、ポール・ベタニーカール・アーバンマギー・Q、リリー・コリンズ、メッチェン・エイミック主演のSFアクションのようです。興行収益累計が2300万ドル。集客率7割減少ととはどれだけつまらないのか?こまったものです。製作費6000万ドルはとてもアメリカ国内の興業では回収出来ないそうですが大丈夫、全世界興業と全世界ビデオ収益があるからハリウッドはお気楽でいけるんです。今週のハイライトは砂漠でマギー・Qがバイク相手にアクションをやっています。バイクはなんだ?これが毎度のことで凝った擬装がしてあってわからん。多分日本製のレース用モトクロッサーだと思う。ブロックパターンのタイヤなのでモタードではない。
◆4週目4位が『ワイルド・スピード MEGA MAX』 Fast Five (2011) ジャスティン・リン監督、ビン・ディーゼルポール・ウォーカージョーダナ・ブリュースタードウェイン・ジョンソン主演のカーアクションシリーズの第5弾のようです。興行収益累計が1億8600万ドル。ヒットしているようです。ちゃんとビン・ディーゼルドウェイン・ジョンソンの格闘アクションはあったようで、そのメイキングをやっています。なるほど格闘アクションというのはミュージカルのダンスとよく似てて厳密な振付があるのがよくわかります。そうでないと映画になりません。WWE(旧WWF)でザ・ロックとしてプロレスをやってたからこういうのは慣れてるドウェイン・ジョンソンです。
◆3週目3位が『マイティ・ソー』 Thor (2011) ケネス・プラナー監督、ナタリー・ポートマンクリス・ヘムズワース、カット・デニングス、浅野忠信主演のファンタジー・アクションのようでアメコミの映画化らしい。興行収益累計が1億4500万ドル。製作費1億5000万ドルは余裕で回収しているそうです。おめでとうございます。今週のハイライトは神様がスタンガン?で仕留められています。そういう展開なのか。
◆2週目2位が Bridesmaids (2011) ジャド・アパトー製作、ポール・フェイグ監督、クリスティン・ウィグ、ジェシカ・セント・クレア、マヤ・ルドルフ、エレイン・カオ、レベル・ウィルソン、ローズ・パーン主演の結婚式コメディらしい。TV『サタデー・ナイト・ライブ』の面々が総出演のようです。クリスティン・ウィグは脚本も担当。興行収益累計が5900万ドル。いい興業になってるようです。下ネタが満載らしい。
◆1週目1位が『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』 Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides (2011) ロブ・マーシャル監督、ジョニー・デップジェフリー・ラッシュペネロペ・クルスイアン・マクシェーン主演のシリーズ物第4弾。3Dだそうです。人魚役の女優さんは誰だ?→アストリッド・ベルジュ=フリスベです。今時の人魚はサカナの尾っぽの着ぐるみではなくCGで描写出来るからこれはまた美しい人魚になりそうです。私的にはこの作品の見どころはこれぐらいだと思う。興行収益が9000万ドル。オープニング成績はそれほどよくないそうです。製作費は前作よりは減らされてるらしい。イアン・マクシェーンが悪役を担当しているらしい。

◆Movie Topics
◆『カンフー・パンダ2』 Kung Fu Panda 2 (2011) ジェニファー・ユー監督、VCがジャック・ブラックアンジェリーナ・ジョリージャッキー・チェンダスティン・ホフマン。シリーズ第2弾で3Dになったようです。ドリームワークス製作。これは出来は微妙のような感じ。アニメ製作会社は大手ではディズニー/ピクサー、ドリームワークス、20世紀フォックス、ユニバーサル・ピクチャーズもあるのか?
◆『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』 Transformers: Dark of the Moon (2011) マイケル・ベイ監督、シャイア・ラブーフロージー・ハンティントン=ホワイトリー主演のシリーズ第3弾で初の3D作品となっているそうです。この作品からミーガン・フォックスがキャストから降ろされたのでホトンド見る価値がなくなってしまった。モデルのロージー・ハンティントン=ホワイトリーは出てるだけでしょう。3D CGアクションが延々と続いてるだけらしい。見る価値がないな。相変わらずの驚きのメソッド演技が嫌だし。

◆JAPAN BOX OFFICE TOP10
◆TOP10内は東宝が多く松竹が少々東映はサッパリの毎度のパターン。
◆『アジャストメント』 The Adjustment Bureau (2011) は「どこでもドア」でドラエモンの観客層を引きつけています。これは嘘です。
東映の『手塚治虫のブッダ ―赤い砂漠よ!美しく―』(2011年)が入ってました。色々な意味で大丈夫なのか?、ワーナーが巻き込まれて製作費がぼったくられてるようです。こまったものです。東映はこれを3部作にするのか?気が狂ってるとしか思えん。それとも興行の方は創価学会でも何でもいいから宗教関係がが見に来ることになってるのか?凄いな。

◆Music Topics 私は音楽ネタの方はサッパリです。
◆映画の邦題もイマイチなのが多いけど、洋楽の勝手な邦題はホトンド許しがたいレベルに達しています。そんなわけで原語表記にしています。カタカタ表記は1文字でも異なると検索が出来ないし・・・
◆日本語の歌詞さえロクに聞いていないので英語の歌詞がわかるわけがない。それに日本ではメッセージソングが実質的に禁止されてるから歌詞に意味がないのは当然かもしれない。
◆外人の喋る英語は全然わからないし、外人が日本語を喋ってるのを聞くと何故かムカつく。この鎖国システムはよく出来てます。

Katy Perry、来日ライブ映像『Teenage Dream』『California Gurls』、最新アルバムが『Teenage Dream』、ライブのコスチュームですが日本向けにまた寿司ドレスにしています。

◆エンディングテーマのビデオクリップ
◆Justin Bieber、『Never Say Never (feat. Jaden Smith)』

◆SHOWBIZ NEWS
◆人気上昇中の若手俳優アンドリュー・ガーフィールドが3年来の恋人シャノン・ウッドワードと破局。これは女なら何匹でもいる状況になったからでしょう。
ジャック・ニコルソンが名門ブラウン大学から名誉博士号を授与される。ところで何が評価されたの?単なる功労賞か?
◆米シンガー、ショーン・キングストンジェットスキー中の事故で重体。珍しく脱税ではない音楽業界ネタでした。
シャキーラが恋人のサッカー選手ジェラール・ピケを自分のライブステージに上げて大会優勝を祝う抱擁。なんかどうでもいいような感じ。
◆グゥイネス・パルトロウが『gree』のマシュー・モリソンと不倫報道を受け彼への全米ツアーでの共演を取りやめ。歌えることがマイナスになったのかグゥイネス・パルトロウ?

◆SHOWBIZ QUIZ
ペネロペ・クルスアカデミー賞を獲得した映画は?、これは普通に考えるとペドロ・アルモドバル監督作品だと思うんですが・・。→で、正解が『それでも恋するバルセロナ』(2008年)でした。ウッディ・アレン監督作品でした。なるほどユダヤ系なのかと納得となります。