読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.05.16(月)

◆このたびの天災、地震津波被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。復興を心から願っています。まだ死亡者数すら判明せず復興にはほど遠い状況です。何だかどさくさに紛れてお役人様のやりたい放題と東京の建設会社の復興特需の奪い合いとなってる感じです。いまだに状況は変わっていないようで、もうマスメディア的には忘れ去られてるような感じです。
◆人災の福島第一原子力発電所事故で東京電力に振り回されてる皆様にも心よりお見舞い申し上げます。こっちは報道管制で人災をなかったことにしようとしてるようですが現実問題としては放射性物質は継続して放出しています。何でもいいから早くなんとかしてくれとなります。今頃になって最初からメルトダウンしていたと発表しています。全くひどいものです。まだ津波のせいにしてるし・・・

◆地上波デジタルTXテレビ東京にて放映のSHOWBIZ COUNTDOWNの感想です。
◆ネタバレはあると思います。

◆オープニングテーマのビデオクリップ
Jennifer Lopez、『On The Floor (feat Pitbull)』

◆U.S.A. BOX OFFICE TOP10
◆5週目10位が Source Code (2011) ダンカン・ジョーンズ監督、ジェイク・ギレンホールミシェル・モナハン主演、ベラ・ファミーガ、ジェフリー・ライト共演のSFサスペンスアクションのようです。他人の最後の8分間を疑似体験して列車爆破事故を防ごうと悪戦苦闘する話しのようです。興行収益累計は4800万ドル。まだOP10に入っていました。結構ヒットしているようです。今週のハイライトはメイキングでジェイク・ギレンホールミシェル・モナハンのインタビュー。この作品は多次元宇宙物なのか。それならどこかでSF小説の古典で多次元宇宙物の傑作『発狂した宇宙』を映画化してほしいものです。
◆5週目9位が『イースターラビットのキャンディ工場』 Hop (2011) ティム・ヒル監督、ジェームズ・マースデン、ケイリー・クオコ主演、VCがラッセル・ブランド、ヒュー・ローリーの実写とCGが合わさったファミリー・コメディのようです。ウサギの国でヒヨコがクーデターを起こす話しらしい。それにウサギの跡継ぎ息子が実写に絡んでるようです。興行収益累計が1億500万ドル。興業はいいようです。今週のハイライトはヒヨコのクーデター演説ですが、いちいち突っ込みが入るギャグとなっています。ヒヨコのカルロスがリーダーでVCはハンク・アザリア
◆5週目8位が Insidious (2010) ジェームズ・ワン監督、パトリック・ウィルソンローズ・バーン主演の低予算ホラーのようです。興行収益累計は4800万ドル。順調に稼いでいるようです。製作費150万ドルなので大儲けしているようです。これはプロデューサーはやめられん。
◆4週目7位が Soul Surfer (2011) ショーン・マクナマラ監督、アンナソフィア・ロブヘレン・ハントデニス・クエイド主演の実録物サーファー映画。サメに襲われ左腕を失った実在の女性サーファー ベサニー・ハミルトンがサーファーに復帰する実録スポ根映画のようです。興行収益累計が3300万ドル。パドリングの意味がようやくわかったものです。手で水面をかいで進むことでした。片腕がないとそれは大変です。
◆1週目6位が Hoodwinked Too! Hood VS. Evil (2011) Mike Disa監督、Hayden Panettiere、グレン・クローズがVCの3D CGアニメで『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』Hoodwinked! (2005)の続編のようです。興行収益が400万ドル。これはイマイチな興業です。評は酷評だそうです。まあ今週のハイライトを見ても出来はアレな感じだし・・、全ての物語をハッピーエンドにする組織云々・・・。悪役は手が4本ある緑色のスモウレスラーらしい。これはアレだな。
◆1週目5位が Prom (2011) ジョー・ナスバウム監督、エイミー・ティーガーデン、トーマス・マクドネル主演のホラーだと思ったら違うようです。何しろプロムパーティ=ホラーだと思ってるのでそうなります。何だか普通の青春ドラマらしい。興行収益が400万ドル。製作費800万ドルなので赤字にはならないらしい。この作品の興業が低調でこれでエイミー・ティーガーデンの主演作が無くなってしまうのか?それは気の毒です。
◆2週目4位が Water for Elephants (2011) フランシス・ローレンス監督、リース・ウィザースプーンロバート・パティンソンクリストフ・ヴァルツ主演のメロドラマのようです。1930年代の恐慌の時代を背景にサーカスを舞台にしたコテコテなメロドラマらしい。興行収益累計が3200万ドル。まあまあな興業か?。ロバート・パティンソンはプータローではなく獣医役なのか?、で、回想になってる構成のようでロバート・パティンソンが歳をとるとハル・ホルブルックになるらしい。結構似てる。ハル・ホルブルックの背が低過ぎるような感じもするけど。歳取って背が縮んだのかもしれない・・。
◆2週目3位が Madea's Big Happy Family (2011) タイラー・ペリー監督脚本、女装で主演のコメディのようでシリーズ最新作だそうです。何のシリーズなのかよくわからんけど。興行収益累計が4000万ドル。相変わらずの手堅いとういかそんな感じの興業のようです。絶対日本では劇場公開はないシリーズでDVDスルーにもなりません。
◆3週目2位が『ブルー 初めての空へ』Rio (2011) カルロス・サルダーニャ監督、アン・ハサウェイジェシー・アイゼンバーグ他がVCの3D CGアニメ。飛べないインコの主人公が色々とある話しのようです。興行収益累計が1億400万ドル。今年最大のヒットとなったそうです。メイキングでVCの風景が見れます。アン・ハサウェイはアニメよりアニメみたいなルックスをしてます。全く凄い個性です。ジェイミー・フォックスは歌えるらしい。素晴らしい。
◆1週目1位が『ワイルド・スピード MEGA MAX』 Fast Five (2011) ジャスティン・リン監督、ビン・ディーゼルポール・ウォーカージョーダナ・ブリュースター、ドゥエイン・ジョンソン主演のカーアクションシリーズの第5弾のようです。肝心のクルマは何だ?やっぱり1970年代のアメ車なのか?。ドゥエイン・ジョンソンは捜査官役のようです。ブラジルのリオデジャネイロが舞台。興行収益が8600万ドル。シリーズで最も高いオープニング成績だそうです。おめでとうございます。カーアクションより強盗アクションになっているそうです。キャストは相変わらずのレギュラーがそろってます。ビン・ディーゼルの代表作はこのシリーズだけか?。ジャスティン・リン監督のインタビュー、撮影監督のインタビューがあります。リオのロケについて色々。普通では出来ない貧民街でのロケも出来たとか。ロケをしてて大人気のシーンもあります。

◆Movie Topics
◆ Bridesmaids (2011) ジャド・アパトー製作、のポール・フェイグ監督、クリスティン・ウィグ、ジェシカ・セント・クレア、マヤ・ルドルフ、エレイン・カオ、レベル・ウィルソン主演の結婚式コメディらしい。TV『サタデー・ナイト・ライブ』の面々が総出演なのか?、それにしてはティナ・フェイが出てないけど。クリスティン・ウィグは脚本も担当。花嫁役は誰?→マヤ・ルドルフのようです。マヤ・ルドルフの実生活の旦那がポール・トーマス・アンダーソン監督で、いい旦那をゲットしています。この作品は日本での劇場公開は絶対にないでしょう。誰も見に来ないから・・。


◆JAPAN BOX OFFICE TOP10
◆『阪急電車 片道15分の奇跡』(2011年)は阪急なので配給は当然東宝です。
◆『クレヨンしんちゃん』シリーズは原作者が死んでるので安心してやりたい放題が出来ます。当分シリーズは続くでしょう。
◆『名探偵コナン』シリーズはシリーズ15作目だそうです。これも凄い。何が凄いってよくそんなに続けられるものです。内容より続けるとこが目的になってる。

◆Music Topics 私は音楽ネタの方はサッパリです。
◆映画の邦題もイマイチなのが多いけど、洋楽の勝手な邦題はホトンド許しがたいレベルに達しています。そんなわけで原語表記にしています。カタカタ表記は1文字でも異なると検索が出来ないし・・・
◆日本語の歌詞さえロクに聞いていないので英語の歌詞がわかるわけがない。それに日本ではメッセージソングが実質的に禁止されてるから歌詞に意味がないのは当然かもしれない。
◆外人の喋る英語は全然わからないし、外人が日本語を喋ってるのを聞くと何故かムカつく。この鎖国システムはよく出来てます。

Kylie Minogue、来日ライブ映像が『Wow』、『The One』、『Aphrodite』、なるほどAphroditeのコスプレをしてるようです。ようやくわかった。最新アルバムが『ラブ・カイリー~ベスト・オブ・カイリー・ミノーグ

◆エンディングテーマのビデオクリップ
◆Simon & Garfunkel、『Bridge over Troubled Water』

◆SHOWBIZ NEWS
◆68歳のポール・マッカートニーが17歳年下のナンシー・シェヴルと婚約。また騙されたのかポール・マッカートニーと思ってしまいます。大丈夫なのか?
◆51歳のブライアン・アダムスに第1子となる女児誕生。おめでとうございます。
◆アーノルド・シュワルツネッガーが25年連れ添った妻マリア・シュライバーとの別居を発表。何だか予定通りといった感じ。
◆1990年の大ヒット作『ホームアローン』の撮影舞台となった豪邸が240万ドルで売りに出される。どうでもいい。
◆歌手アデルの元恋人がアルバムに影響を与えたとして印税を要求。凄いな。音楽業界はこんなのばっかりなのかい。金の勘定か脱税しかないようです。

◆SHOWBIZ QUIZ
グレン・クローズアカデミー賞にノミネートされた最近の作品は?、グレン・クローズの出演作といえば『危険な情事』(1987年)ぐらいしか思いつかないけど、→で、正解は『危険な関係』(1988年)でした。結構近いじゃん。