読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHOWBIZ COUNTDOWN 2011.05.09(月)

◆このたびの天災、地震津波被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。復興を心から願っています。まだ死亡者数すら判明せず復興にはほど遠い状況です。何だかどさくさに紛れてお役人様のやりたい放題と東京の建設会社の復興特需の奪い合いとなってる感じです。いまだに状況は変わっていないようです
◆人災の福島第一原子力発電所事故で東京電力に振り回されてる皆様にも心よりお見舞い申し上げます。こっちは報道管制で人災をなかったことにしようとしてるようですが現実問題としては放射性物質は継続して放出しています。何でもいいから早くなんとかしてくれとなります。まだグダグダやってるというか進んでない。それより状況をちゃんと発表してほしい。何だかわからん状態はかんべんしてくれ

◆地上波デジタルTXテレビ東京にて放映のSHOWBIZ COUNTDOWNの感想です。
◆ネタバレはあると思います。

◆2011年 夏の大作映画スペシャル。

◆オープニングテーマのビデオクリップ
Jennifer Lopez、『On The Floor (feat Pitbull)』

◆U.S.A. BOX OFFICE TOP10◆2011年1月から4月までのTOP10
◆2011年1月から4月までの10位が『アンノウン』 Unknown (2011) ジャウム・コレット=セラ監督、リーアム・ニーソンダイアン・クルーガージャニュアリー・ジョーンズ、アイダン・クイン、ブルーノ・ガンツフランク・ランジェラ出演の豪華キャストの巻き込まれサスペンスアクションのようです。興行収益累計が6300万ドル。この放題『アンノウン』も結構凄い。これでは何だかわからん。
◆2011年1月から4月までの9位が Limitless (2011) ニール・バーガー監督、ブラッドリー・クーパーロバート・デ・ニーロアビー・コーニッシュ主演のSFサスペンスのようです。1日1錠飲めば超人的な能力が発揮出来る薬を飲んだブラッドリー・クーパーに色々なことがある話しのようです。興行収益累計が6900万ドル。
◆2011年1月から4月までの8位が『抱きたいカンケイ』 No Strings Attached (2011) アイバン・ライトマン監督、ナタリー・ポートマンアシュトン・カッチャー主演のロマンティック・コメディのようです。興行収益累計が7000万ドル。
◆2011年1月から4月までの7位が Justin Bieber: Never Say Never (2011) ジョン・チュウ監督、ジャスティン・ビーバー主演の3D ドキュメンタリーのようです。興行収益累計が7200万ドル。コンサート・ムービーで史上最高のヒットだそうです。
◆2011年1月から4月までの6位が『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 Battle: Los Angeles (2011) ジョナサン・リーベスマン監督、アーロン・エッカートミシェル・ロドリゲスブリジット・モイナハン、ラモン・ロドリゲス主演のSFアクションのようです。宇宙人に侵略されてロサンゼルスだけが残り海兵隊が戦う話しらしい。興行収益累計が8200万ドル。同工異曲の Skyline (2010) コリン・ストラウス、グレッグ・ストラウス監督、無名キャストのSFアクション。この2作品は特撮スタッフが同じだそうです。
◆2011年1月から4月までの5位が『イースターラビットのキャンディ工場』 Hop (2011) ティム・ヒル監督、ジェームズ・マースデン、ケイリー・クオコ主演、VCがラッセル・ブランド、ヒュー・ローリーの実写とCGが合わさったファミリー・コメディのようです。ウサギの国でヒヨコがクーデターを起こす話しらしい。それにウサギの跡継ぎ息子が実写に絡んでるようです。興行収益累計が8200万ドル。今年2週以上1位になった唯一の作品だそうです。
◆2011年1月から4月までの4位が Gnomeo & Juliet (2011) ケリー・アズベリー監督、VCがジェームズ・マカボイ、エミリー・ブラント他の3D アニメ。庭に置いてある陶器のドワーフ人形が赤と青に別れて『ロミオとジュリエット』をする話しのようです。コメディですけど。興行収益累計が9700万ドル。今週のハイライトで「見つかったら中庭に埋められる」のセリフがいい。だからドワーフ人形なんだとわかります。
◆2011年1月から4月までの3位が『グリーン・ホーネット』 The Green Hornet (2011) ミシェル・ゴンドリー監督、セス・ローゲンジェイ・チョウキャメロン・ディアス主演のTVシリーズの映画化作品。興行収益累計が9800万ドル。これはヒットしてたようです。これはビックリ。
◆2011年1月から4月までの2位が Just Go with It (2011) デニス・デューガン監督、アダム・サンドラージェニファー・アニストンブルックリン・デッカー、ベイリー・マディソン主演のロマンティック・コメディのようです。興行収益累計が1億200万ドル。結局ヒットしいたようです。アダム・サンドラーの助手ジェニファー・アニストンが妻役を担当しています。これはロマンティック・コメディのルーティンな描写ですがいいものです。
◆2011年1月から4月までの1位が Rango (2011) ゴア・バービンスキー監督、ジョニー・デップ他がVCのCGアニメのようです。ヒロインのVCはアイラ・フィッシャー。モーション・キャプチャーでVCだけはなく俳優の動きをキャラクターに出してるのが目新しい手法です。自分探しをするカメレオンが主人公の話しらしい。興行収益累計が1億100万ドル。これはヒットしたようです。たいしたものです。今週のハイライトで周囲に溶け込もうとしているとなってるけど、そんなことはカメレオンだからお手の物ではないかい。まあいいけど。メイキングの風景が見れます。なるほど俳優さん達は簡易セットで実演していたようです。

◆Movie Topics 2011年 夏の大作映画スペシャル。
◆『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』 Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides (2011) ロブ・マーシャル監督、ジョニー・デップジェフリー・ラッシュペネロペ・クルス主演のシリーズ物第4弾。3Dだそうです。人魚役の女優さんは誰だ?→アストリッド・ベルジュ=フリスベです。今時の人魚はサカナの尾っぽの着ぐるみではなくCGで描写出来るからこれはまた美しい人魚になりそうです。私的にはこの作品の見どころはこれぐらいだと思う。
◆『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』 X-Men: First Class (2011) マシュー・ヴォーン監督、ジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダージェニファー・ローレンスローズ・バーンジャニュアリー・ジョーンズ他主演のシリーズ前章のようです。若き日のプロフェッサーがジェームズ・マカボイで、マグネトーがマイケル・ファスベンダーらしい。何だか潜水艦が空中に浮かんでる『海底軍艦』(1963年)のようなシーンもあった。浮き方は違うけど・・・
◆『カーズ2』 Cars 2 (2011) ジョン・ラセター、ブラッド・ルイス監督、VCがオーエン・ウィルソン他のシリーズ物第2弾。日本が舞台になるとそれだけでトンデモになります。ところで日本車が全く出てこないのはハリウッドスタイルなら当然か?出てくるとすればスクラップ役でホンダ・シビックが出るくらいかも・・。元ネタのクルマの名前が知りたい。ライバル役はアストンマーチンのようなクルマ。フランスならシトロエンDSのようなクルマ。そんな感じ。
◆『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 Harry Potter and the Deathly Hallows: Part II (2011) デビッド・イェーツ監督、ダニエル・ラドクリフルパート・グリントエマ・ワトソン主演のファンタジーアクション?でおなじみのシリーズ最終作のようです。謎解きでガックリ、アクションの連続で飽きが来る。そんな印象です。これでようやくこのシリーズも終わるのか?そんなことはないでしょう。
Super 8 (2011) スティーブン・スピルバーグ製作、J・J・エイブラハムズ監督、子役が主演のSFアクションらしい。予告編だけでは出来はわからない。列車事故で早く逃げろと言っても普通は逃げるまえに死んでいます。映画だから。飼い犬が逃げる、行方不明者が続出する。これだけ引っ張ってガックリということはないだろうな・・。キャストでカイル・チャンドラーはお久しぶりで見ます。→『犯行予告』(1999年)で見ていました。

◆Music Topics 私は音楽ネタの方はサッパリです。
◆映画の邦題もイマイチなのが多いけど、洋楽の勝手な邦題はホトンド許しがたいレベルに達しています。そんなわけで原語表記にしています。カタカタ表記は1文字でも異なると検索が出来ないし・・・
◆日本語の歌詞さえロクに聞いていないので英語の歌詞がわかるわけがない。それに日本ではメッセージソングが実質的に禁止されてるから歌詞に意味がないのは当然かもしれない。
◆外人の喋る英語は全然わからないし、外人が日本語を喋ってるのを聞くと何故かムカつく。この鎖国システムはよく出来てます。

Billy Joel、ライブ映像から、Paul McCartneyとの共演あり。『The River of Dreams』、『Piano Man』、『I Saw Her Standing There』、『Let It Be』、ところで『Let It Be』は救急病院の電話受け付けでの待ち受けメロディに使われてることが多い。『Let It Be』=「なるがままに・・」とは皮肉があり過ぎのような気がする。最新2CD+2DVD完全生産限定版『Live at Shea Stadium』deluxe edition

◆エンディングテーマのビデオクリップ
◆Simon & Garfunkel、『Bridge over Troubled Water』

◆SHOWBIZ NEWS
◆ヒットCGの続編『カンフーバンダ2』 Kung Fu Panda 2 (2011)が全米5月公開、これはどうでもいい。
ショーン・ペン & ブラッド・ピット共演 The Tree of Life (2011) が全米5月公開、これもどうでもいい。
◆ヒットコメディ続編『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 The Hangover Part II (2011) が全米5月公開、これもどうでもいい。
◆『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』 Transformers: Dark of the Moon (2011) が全米7月公開、これもどうでもいい。
◆『猿の惑星』シリーズの過去を描く『猿の惑星 : 創世記 (ジェネシス)』 Rise of the Planet of the Apes (2011)が全米8月公開、これもどうでもいい。
ブラッド・ピットの主演作 Moneyball (2011) が全米9月公開、これはMLB好きとしては見たい作品です。

◆SHOWBIZ QUIZ
2011年1月から4月までの興行収益を集計したスペシャルチャートで惜しくもtop10入りを逃した11位の作品は?、これは全く見当もつかない、あてずっぽうのしようがない。→正解は『アジャストメント』 The Adjustment Bureau (2011) でした。マット・デイモン主演にしてはヒットしていたようです。